弁護士紹介

代表弁護士 湯浅 大樹(ゆあさ ひろき) – 東京弁護士会

冤罪を晴らすために人生をかけ、悩んでいる人がいればどこにでも行って味方になり、世の中の理不尽を許さない、ある弁護士の存在。その方の活動に心を打たれ、自分もそうなりたいと思ったことが、私が弁護士を志した理由です。

紛争の根本的な解決のためには、事件の概要だけでなく、生い立ちや細かな感情の動きまで知る必要があると思います。ですので、私は依頼者様との面談にとても多くの時間をかけます。依頼者様のお話をじっくりと伺い、徹底的に寄り添う。それが最善の解決策のご提案につながると考えています。

私は、弁護士にはカウンセラー的な側面もあると思います。誰にでも悩みはあります。そして悩みは人に聞いてもらいたいものです。解決策の呈示よりも、ただ「悩みを聞いてほしい」「共感してほしい」という方も多いのではないでしょうか。法的解決に至るまでもなく、他人に悩みごとを話していく過程で、ご自分の中で物事の整理がつく、そのようなこともあるでしょう。依頼者様の中には、悩みを吐き出し、たくさん話されて、それだけでスッキリした顔をされてお帰りになる方も多くいらっしゃいます。そのような形で依頼者様のお力になることも、弁護士の重要な役割の一つと私は考えています。

みなさまの幸せを実現できるよう、全てのご相談・ご依頼に全力を尽くします。お気軽にご相談ください。

幸せな社会の実現を目指して

湯浅大樹法律事務所は開設以来、犯罪・刑事事件、遺産相続、離婚・男女問題、企業法務・顧問弁護士など、長いスパンで依頼者様のサポートが必要な分野に力を入れております。

特に重視していることは、問題の根本となる原因への対処です。単純に刑罰を軽くする、ただ単に慰謝料を高く取る、ということだけが弁護士の仕事ではないと考えています。依頼者様と共に紛争の原因に向き合い、根本的解決を図りながら依頼者様の利益を追求することこそが、再犯の防止やトラブル解決後の良好な人間関係につながるのではないでしょうか。

事件としては終結し弁護士と離れたあとも、続いていく長い人生。幸せに暮らしていただきたいからこそ、依頼者様からの十分なヒアリングを基に、関わる全てのみなさまにとって最善の解決策をご提案いたします。どんなお悩みでも、まずは当事務所にご相談ください。

※当事務所では、暴力団(それに準ずる団体も含む)関係者のご相談はお断りしております。

主な経歴

神奈川県生まれ。
慶應義塾大学法学部卒業後、一般企業や法律事務所で勤務経験を積む。
その後、慶應義塾大学法科大学院修了。

弁護士登録後、勤務弁護士を経て、湯浅大樹法律事務所を開業。

主な所属団体・委員会

・NPO法人 相続アドバイザー協議会 認定会員
・日本相続学会 会員
・刑事弁護委員会 所属
・日本スポーツ法学会 会員
・スポーツ法政策研究会 会員

趣味

トレーニング、映画鑑賞、食べ歩き